【甲府 vs 町田】野澤英之、プロ1年目の恩師に誉め言葉を言わせる勝利を狙う

2020年10月24日(土)


勝つしかない試合が続き、上位との3連戦は初戦で福岡に0-2で敗れたものの北九州に3-2、徳島に1-0で勝って流れを掴んだように見えた甲府だが前節、群馬(0-1)に敗れて昇格圏との勝点差が13ポイントに再び開いてしまった。ショックが大きい負けとなってしまったが、可能性が消えたわけではない。今節ホーム・山梨中銀スタジアムに迎える町田に勝って5連戦の第4ラウンドを締めくくり、第5ラウンドに気持ちを含めて繋ぎたい。

町田を迎えるにあたり、その指揮官を強く意識する選手がいる。ランコ ポポヴィッチ監督がFC東京の監督時代にアカデミーから昇格してプロ1年目を共に過ごした野澤英之だ。「ポポさんは要求の度合いが高い監督でした。細かいところもよく見ていてパス練習では蹴り方、ボールのミートの様子も見ていて、怒られるか褒められるか(笑)。ピッチを離れると優しい人なんですけどね」と印象に強く残っている。

そのポポヴィッチ監督が率いる町田に甲府は勝って――群馬戦の負けは消せないけれど――可能性を繋ぎたい。ターンオーバーで今節先発する見込みのボランチ・野澤は「トレーニングで伊藤彰監督が対戦相手の特徴や試合のポイントを落とし込んでくれるが、試合の中で選手が変化を感じて共有して対応できるかが大事」と群馬戦の反省点である部分を挙げる。そして、「町田はボールを大事にするイメージだけど、開幕戦の時よりは進化しているので僕たちが主導権を取って自由にやらせないことが大事」という。相手の順位に関係なく、高い集中力を持って目の前の相手に挑み、群馬戦を糧にした勝利を挙げることができるかどうか。そのかじ取りをする野澤が対戦相手のポポヴィッチ監督に試合後どんな声をかけさせるのか注目したい。


文:マツオジュン(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第29節
10月25日(日)14:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs FC町田ゼルビア
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報