【鹿島 vs 湘南】チームのために走るCF・エヴェラウド

2020年9月22日(火)


鹿島が6連勝と波に乗ってきた。その間、すべての試合でCFとして先発するのが、今季より鹿島に加入し9番を背負っているエヴェラウドだ。6試合で4得点。ここ3試合連続ゴール中と絶好調を維持する。前節は、セレッソ大阪を下す決勝点を決めた。後半早々に空中戦で競り勝ち、こぼれ球を拾った和泉竜司のシュートに反応し、こぼれ球を押し込んだ。

きっとどこかで目か耳にしたのだろう。ブラジル代表としてワールドカップ日韓大会でも活躍したロナウドが言っていた「FWにとってこぼれ球がいちばん得点を重ねることができる方法である」という言葉を実践し、「こぼれでも得点は得点。ゴールできたことはよかった」と喜んだ。

ただ、独善的な性格の選手も多いFWのなかで、エヴェラウドは異彩を放つ。ゴールを決めても「それよりもチームの勝利がうれしい」と言い続けてきた。ピッチに立てば最前線から意欲的にボールを追いかける。ボールを失ってからすばやく切り替えて再び奪い返すことが、いまの鹿島の戦い方を特徴付けているが、その一端を担うのがエヴェラウドだ。
「僕自身は下部組織からそういう意識を持っています」
そう言って献身的な姿勢について胸を張る。
「自分たちが前の方で守備をしてがんばって、自分たちのゴールからいちばん遠いところでボールを取れれば失点する可能性も低くなる」

得点が取れないから守備を献身的にこなすのではなく、得点も取れて守備についても意欲的。シーズン当初はなかなかゴールが決まらず苛立った表情を見せていたが、いまは際立つ貢献度の高さで、鹿島の最前線に欠かせない存在となっている。


文:田中滋(鹿島担当)


明治安田生命J1リーグ 第18節
9月23日(水)19:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 湘南ベルマーレ
県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.8)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報