【明治安田J1 第9節】前田直輝の4得点などで圧勝した名古屋グランパスが暫定3位に浮上!首位・川崎フロンターレの連勝は8に伸びる

2020年8月8日(土)

清水 3-1 札幌|IAIスタジアム日本平


1-1で迎えた85分、清水はヘナト アウグスト(写真)が強烈な一撃を突き刺して勝ち越しに成功。90+3分にはカルリーニョス ジュニオが勝利を決定づける追加点を挙げ、ホーム2連勝を果たしました。札幌は今季リーグ戦初の連敗となりました。

名古屋 6-2 浦和|豊田スタジアム


名古屋は前田直輝(写真)のハットトリックなどで前半終了時点で5点をリード。48分に浦和のレオナルドに1点を返されるも、すぐさま50分に前田がこの日4点目を奪取。前節の今季初黒星を払しょくする圧勝で暫定3位に浮上しました。

鹿島 2-0 鳥栖|県立カシマサッカースタジアム


鹿島は交代出場の和泉竜司(#11)による先制点で69分にリードを奪うと、80分には和泉のお膳立てからエヴェラウド(写真右から2人目)がリーグ戦3試合連続得点となる追加点。鹿島の交代策が功を奏し、共に今季リーグ戦初の連勝がかかった一戦を制しました。

川崎F 2-0 大分|等々力陸上競技場


首位の川崎Fは、5分に三笘薫(写真右から2人目)のゴールで幸先よく先制。24分には相手のミスを見逃さずにレアンドロ ダミアン(#9)が追加点を決めて2点をリード。そのまま大分を寄せ付けず、怒涛の8連勝で勝点を25に伸ばしました。敗れた大分は痛恨の5連敗を喫しました。

横浜FM 1-1 柏|日産スタジアム


62分、相手のバックパスをカットしたオルンガ(写真左)が5試合連続得点となるゴールを決めて柏が先制。しかし、横浜FMは交代出場のオナイウ阿道の貴重な同点弾で追い付きドロー。横浜FMは初連勝ならず、柏は連勝が4で止まる痛み分けとなりました。

G大阪 2-1 横浜FC|パナソニック スタジアム 吹田


34分に小野瀬康介のシュートがアデミウソンの体に当たって先制したG大阪に対し、横浜FCは60分に斉藤光毅が貴重な同点弾。しかし、G大阪は90+4分に井手口陽介の左CKからパトリック(写真)が劇的な決勝ヘッドを決め、土壇場で勝点3をもぎ取りました。

神戸 1-2 仙台|ノエビアスタジアム神戸


22分にオウンゴールで先制した仙台は、赤﨑秀平(写真右)が交代出場からわずか1分後の72分に頭で追加点を奪取。神戸も同じく交代出場の藤本憲明が86分に1点を返すも反撃はここまで。仙台が7試合ぶりの白星で連敗を3で止めました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報