【千葉 vs 琉球】心機一転でチームを引っ張り、無失点を目指す新井一耀

2020年2月22日(土)


昨季は名古屋からの期限付き移籍でプレーした新井一耀だが、今季は完全移籍となったうえに副キャプテンという肩書もついた。まさに心機一転で迎える開幕戦だ。
「自ずと責任感みたいなものは出てくると思うし、自分も集中したプレーをしないといけない立場だと思うし、後ろが本当にしっかりしないと成り立たないサッカーだと思います。本当にチーム全体を引っ張っていくというか、全員が一人ひとりそういうふうにやっていかなきゃいけないと思うんですけど、それ以上に自分も責任感を持ってやっていけたらいいと思っています」

センターバックの選手としては、失点減少を目指した昨季も結果は望んでいたような数字ではなかったし、今季もちばぎんカップでは0-2で敗れて非常に悔しい思いをした。ただ、開幕戦に向けてのトレーニングで、守備の修正については手応えを感じている。
「コミュニケーションの部分が大事だと思う、ので、そこのところは映像を見ながらだったりでお互いに近いポジションの選手が話し合ったりしてよくなっていく部分はあると思うから、そこはやっぱり90分間切らさずにやることが大切だと思います。そういうところを修正してやっていけているとは思います」

尹晶煥監督はGKと主に守備的なポジションを務めるフィールドプレーヤーとで、ディフェンスラインの上げ下げのコントロールを含めてゴール前でいかに守って失点を防ぐかというトレーニングを行なっている。開幕戦ではそのトレーニングの成果をいかに発揮できるかが、勝敗の分かれ目となるかもしれない。
「攻められた時に戻すポジショニングとか、ボランチも含めてパスコースを切るポジショニングとか、(ディフェンスラインの)4人がしっかり揃えることだったりとか、そういうことをずっとやってきたので。そういうところを早く理解して、監督が求めている守備に近づけていく必要があると思うんですけど、そこはだんだん良くなってきていると監督も言っていました。やっぱり試合で結果を出して(失点を)ゼロで抑えることによって自信もついてくると思うので、開幕戦は本当にしっかりと大事にいきたいなと思います」

千葉のJ1昇格には失点減少が重要なポイントであることは間違いない。昨季はシーズンを通して試合に出ることの難しさを痛感しつつ、試合に出続ける喜びもまた知った。今季は無失点勝利を喜び、J1昇格の歓喜を味わうシーズンにしなければならない。新井一耀はその目標達成のために、強い責任感を持って失点を阻止していく。

文:赤沼圭子(千葉担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月23日(日)14:00KO フクアリ
ジェフユナイテッド千葉 vs FC琉球
フクダ電子アリーナ(ジェフユナイテッド千葉)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.5)
アクセス (4.4)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集