【徳島 vs 山形】坂元達裕、チャレンジの先に|山形ウォーミングアップコラム

2019年12月7日(土)


今季リーグ戦、“ウォーミングアップコラム”でルーキー・坂元達裕(写真)を紹介したのは第5節。そこでは、第4節のホーム開幕戦後に「鳥肌が立ちました。今日のような雰囲気の中でプレーできるのは幸せなこと」と初々しいコメントを残した一方、当時、先発で起用されている自身にも強い危機感を露わにしていた。

「毎試合毎試合、何か爪痕を残さないと生き残っていけないということは自分のなかでもわかっているので、常に監督の目に留まるプレーであったり、観客を沸かせるプレーをするというのは何としてもやらなきゃいけないと思います」

あれから9ヶ月、リーグ戦42試合すべてのピッチに立ち続けた。7得点は、12得点の大槻周平に次ぐチーム2位タイ。ジェフェルソン バイアーノ、さらにシーズン途中で松本に移籍した阪野豊史にも並んだ。けっして順風満帆なシーズンではなかったが、もがき苦しみながら、さらに鍛えの入ったプレーと精神力を手に入れた。リーグ最終盤、もうそこには「ルーキー・坂元」はいなかった。

「最初はルーキーというなかでチャレンジしていこうという気持ちでやっていたんですけど、ここまで試合に出させてもらっている以上、ルーキーだから仕方ないという甘い考えは許されないと思うので、チームを引っ張っていくぐらいの気持ちでいまは臨んでいます」

スピードに乗ったドリブルや、相手を置き去りにする切り返しなど、もともと得意としていた技に磨きがかかったことはもちろんだが、その回数が増えたのは、ボールを受ける際のポジショニングや、預けて動き直してもう一度もらうといった味方との連係面が改善されたことも大きい。

「ミスを恐れずにチャレンジすることだけを考えて自分のプレーができたら」と臨んだプレーオフ1回戦・大宮戦は2-0。坂元自身の得点、アシストはなかったが、誰よりも仕掛ける姿勢を見せていた。1点目はオウンゴールを誘うクロス、2点目も右サイドの崩しの場面でしっかりと絡んでいた。大きなプレッシャーがかかるなか、勝つしかない試合でひとつ成功体験を手にした坂元は、深めた自信をさらなる推進力に換える。

「大宮との試合みたいにチャレンジャー精神で自分たちがどんどんチャレンジしていければ勝てると思うので、どんどんチャレンジしていきたいです」

文:佐藤円(山形担当)


J1参入プレーオフ 2回戦
12月8日(日)13:05KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs モンテディオ山形
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報