【川崎F vs 広島】奈良竜樹が戦線復帰へ。感動したルヴァンカップ決勝をモチベーションに

2019年11月1日(金)


奈良竜樹がJリーグYBCルヴァンカップ決勝をモチベーションに変えている。

ベンチ入りしたルヴァンカップ決勝について奈良は「(古巣の)札幌があそこまで、ああいう舞台に来たというのはすごいなんか…、ある種感動した」と発言。「自分がずっとユースとか札幌の時にやっていた選手とかも戦っていた」とも述べ、決勝にまで進出してきた札幌の躍進と、川崎Fを土壇場まで追い詰めた戦いぶりに心を揺さぶられたという。

ただ、そうした試合展開にあっても「結局は川崎Fが勝つんだ、というああいう強さもみたいなものも見れた」のだと話す。また「お互いの応援も素晴らしいものでしたし、そういうなんか、ファイナル全体にはすごい感動しました」とも述べており、感動を与えてくれた試合を戦った両チームの選手たちが「羨ましかった」と率直に口にしている。そしてその羨ましさの感情を「自分のモチベーションにしないといけないと思う」としている。

そんな奈良が臨むのは、後がないリーグ戦の広島戦だ。この広島戦に向けては、前節終了時点で家長昭博、車屋紳太郎の出場停止が決まっていたが、さらにルヴァンカップ決勝で退場になった谷口彰悟までもが出場停止に。またケガ人も出ており、選手のやりくりは厳しい状況にある。その上、リーグ戦では6位にまで順位を下げており3連覇に向けて極めて難しい状況にある。そうした状況だからこそ奈良の復帰は心強いものがある。

そんな奈良はこの広島戦に向け「まずはしっかり自分たちの特徴というか、目指すサッカーというのをしっかり表現できるように」と話す。ここ最近、攻守が目まぐるしく入れ替わる慌ただしいサッカーが見られているが、川崎Fとしてはそうではなく「もっとしっかりオーガナイズして、前の選手が気持ちよくプレーできるように後ろはしっかりそういうところを支える」サッカーを見せたいと話す。

対戦する広島については「しっかりボールを保持してくるチーム」で、「常にぼくたちがボールを持って主導権を握れる訳ではないと思うし。押し込まれた時もしっかり踏ん張るところというのも、そういうところに自分の価値を見出しながらやっていきたいなと思います」と試合を展望していた。

目標としていたリーグ3連覇に向け、負けられない試合だからこそ、奈良の復帰は心強い。チームを助ける奈良らしいプレーを期待したいところだ。

文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第30節
11月2日(土)15:05KO 等々力
川崎フロンターレ vs サンフレッチェ広島
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集