【F東23 vs 熊本】加速度的な成長を遂げるバングーナガンデ佳史扶。「まだまだ」は伸びシロの証し

2019年10月5日(土)


来季からFC東京のトップチームに昇格するバングーナガンデ佳史扶(写真)は、今見ておきたい選手の一人だ。見る度にプレーが良くなる気さえするほど、加速度的な成長を遂げている。

大きな転機は、先発した今季のルヴァンカップ ライムステージ準々決勝のホーム&アウェイ2試合だろう。ドキドキのトップチームデビュー戦となった第1戦は、周りの先輩たちが「せっかくの機会だから」と緊張を解し、自身も「もったいない」と、ミスを恐れず思い切ったプレーを見せた。

そして、迎えた4日後の第2戦で、大いに周囲を驚かせた。体の強さを生かした推進力や、思い切ったプレーを随所に見せ、勝利に貢献して見せた。2戦合計で惜しくもアウェイゴールの差でルヴァンカップは敗退してしまったが、主将の東慶悟が「佳史扶いいよね。1週間でうまくなったと思うほど成長した姿を見せてくれた。もちろん上に進めるほうが良かったし、大会は敗退してしまったけど、こういう若手が出てきたことはそれ以上の収穫かもしれない」と口にするほどだった。

この成長には、長谷川健太監督も驚いた。

試合後、「良くやってくれた」と手放しで称賛。その後の明治安田生命J1リーグでもベンチ入りさせるなど、その力と将来性を高く評価している。本人ですら気がつかないほどの加速度的な成長を遂げている最中なのかもしれない。

「でも、まだまだなので」

そう本人は口にするが、それだけ伸びシロがあるという裏返しだ。次はどんなプレーを見せてくれるのか。そんなワクワク感さえある。まもなく18歳。このヤングガンが、いずれ東京の新たな光になるかもしれない。6日に宮崎で開催される、ロアッソ熊本とのホームゲームでも左サイドバックとして先発出場が濃厚となっている。

まだまだ荒削りだが、キラリと光る将来性という才気は、いま絶対に見ておくべきだ。

文:馬場康平(F東23担当)


明治安田生命J3リーグ 第25節
10月6日(日)14:00KO 生目の杜
FC東京U−23 vs ロアッソ熊本
宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場(FC東京U−23)
みんなの総合評価 (-)
臨場感 (-)
アクセス (-)
イベント充実 (-)
グルメ (-)
アウェイお楽しみ (-)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報