【水戸 vs 大宮】一体感を生み出す男。大一番でゴールを死守する

2019年10月5日(土)


開幕から上位に位置し続けてきた水戸。チームを支えてきたのは「一体感」だ。試合に出ている選手だけでなく、出場機会に恵まれない選手も同じ方向を向いて取り組む。出場機会に恵まれない選手たちが真摯に練習に打ち込み、日々成長することがチームのレベルアップにつながっている。

そのチームの空気を生み出すために大きな役割を果たしているのが村上昌謙(写真)だ。今季山口から期限付きで加入すると、その明るい性格でチーム全体を盛り上げ、士気を高めている。リーグ戦で出場機会を得られていないものの、チーム内で大きな存在感を示している。「一体感」を大切にするチームにおいて、村上は不可欠な存在となっている。

そして、今節大宮戦で今季初出場の可能性が高まっている。前節終了間際に開幕からフル出場を果たしている守護神松井謙弥が負傷。今週は別メニューで調整しており、村上の先発起用が濃厚だ。2位大宮との大一番でゴールを死守できるか。かかる期待は大きい。

「自分は常にいつも通り取り組むことを心掛けています。その中で監督が先発として起用してくれるなら、結果を残さないといけないという気持ちは強いです」

今節に向けて、村上昌謙はそう意気込みを口にした。

村上の実力は天皇杯の2試合で証明済み。2回戦京都戦では相手のクロスに対して的確な対応で無失点に抑え、3回戦浦和戦でもJ1の強豪相手にひるむことなく、ゴール前に立ちはだかり、PK以外で失点を与えなかった。2試合とも安定したパフォーマンスを披露してみせた。

その2試合があるからこそ、今節に向けても不安はない。特に浦和戦の経験は「サッカー人生において大きかった」と振り返る。「(浦和サポーターがたくさんいる)雰囲気の中でも落ち着いてプレーできたので、大宮戦も雰囲気に飲まれることはないと思います」と胸を張った。

村上の持ち味は鋭い反応によるシュートストップと最後尾から張り上げるコーチング。そして、何より、これまで「一体感」を生み出してきたことによるチームメイトからの信頼こそが村上の最大の力となることだろう。村上の決死のセーブがチームに大きな勇気を与えるはずだ。

「目標はJ1昇格。そこに向かって目の前の試合を、チーム、フロント、そして水戸に関わるすべての人の力で勝っていきたい」と力強い口調で語る。リーグ最終盤、J1昇格に向けてさらなる一体感を生み出す勝利のために、ゴールを死守する。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第35節
10月6日(日)14:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報