【湘南 vs 川崎F】理屈じゃない――岡本拓也

2019年10月5日(土)


目の前の相手の懐に、あるいは放たれるシュートに、タイトに詰める。タフに渡り合うトレーニングは湘南の日常だ。それでも、いつにも増して熱を帯びるのは、前節の敗戦が背景にあるからにほかならない。彼らは清水に0-6の大敗を喫していた。
 
「6失点したのには訳がある」岡本拓也は自分たち自身に矢印を向ける。
「一つひとつのちょっとした隙がすべて繋がっていると思う。理屈じゃない、サッカーでいちばん大事な部分。みんなで隙を許さない空気感をつくっていかないといけないし、僕自身もう一度気を引き締めてやりたい」。
 
ホーム連戦となる今節は川崎Fを迎える。現在5位のディフェンディングチャンピオンは前節、神戸に1-2で敗れた。リーグ3連覇へ向け、彼らもまた譲れない今節である。
 
「大事ですね」岡本は週末を見据える。
「よりきっちりやらなければ簡単に点を取ってくるチーム。ただ、うちのよさを出しやすい相手でもあると思うし、思い切って戦うだけ。理屈ではないところを大事にしたいと思います」。
 
代表経験者が多数集う言わずもがなの強敵に対し、自身の持ち場も激しい攻防が予想される。「ここ数試合、攻撃面で自分自身手応えがあるし、守備と攻撃をうまく繋げていく作業は大事かなと思う。うちのいいときは先行逃げ切り。先制点を取れなくても勢いよくゲームに入ることは大事だと思います」右サイドを担う岡本は、自身とチームとしてやるべきを口にする。
 
この水曜日には、ACL広州恒大戦に勝利した浦和の戦いを目にし、刺激を受けたという。「一緒にやっていた選手も多いし、悔しいけどうれしいみたいな気持ち。自分もがんばろうって想いになりました」。仲間とともに足元を見つめ直したトレーニングの日々と、古巣からもらった刺激を胸に、背番号6は攻守に駆ける。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 第28節
10月6日(日)19:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs 川崎フロンターレ
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報