【福島 vs 富山】 ウォーミングアップコラム:悔しさバネに初ゴール!…武颯、J3得点王への道始まる

2018年5月2日(水)


「J3得点王を狙って行きたい」。
早稲田大学から新加入の大卒ルーキーFW武颯(写真)は、加入決定後から公の場で常にこう語っていた。1年目から結果を残すという並々ならぬ気持ちの表れだった。
 
しかし開幕から途中出場の試合が多く、ピッチの上でどこか気負いが見られた。それは第3節鹿児島戦、最悪の形で出た。この日途中出場した武は点を取ろうとする意識が強過ぎ、守備への戻りが遅く、前線からのプレッシャーもおろそかになり、チームのことを考えたプレーができなかった。田坂和昭監督が下した決断は途中交代。ベンチに戻ってきた武は怒りをあらわにした。
 
田坂監督は「他のチームでも途中出場した選手を交代したことがありますが、その選手はその後、必ず成長しています。彼にはこれからもっと成長していって欲しいので、今日は敢えてこのような決断をしました」と成長を促したいが故の決断だったことを試合後の会見で語り、「今日のことは俺はもう忘れた。次の試合、使うぞ」と試合後、武に話したという。その言葉どおりそれ以後の試合で出場を繰り返す中、少しずつチームに貢献するプレーができるようになった。
 
そして前節藤枝戦。武は約60mをドリブルで独走し、ループシュートを決めた。ゴールが決まると田坂監督の下へと一直線。跳び上がって喜ぶ田坂監督から「最高だよ!」と声をかけられたという武は「ウルッときました」と感慨ひとしお。それはこれまで武の成長を見守ってきた福島サポーターも同じ気持ちだろう。
 
武はチームプレーを意識する他「筋トレをすると自分は体が重くなるのですが、それを改善するためランニングを増やし、ステップワークも探り探りやっていく中で体のキレが上がって、体力も上がっていきました」と体づくりに励んだという。「彼は陰ですごく努力をしています」と田坂監督もそれを認めている。
 
「やっとスタートが切れました」と晴れやかな顔で語った武。J3得点王への疾走がついに始まった。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第9節
5月3日(木)13:00KO とうスタ
福島ユナイテッドFC vs カターレ富山

とうほう・みんなのスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報