【愛媛 vs 岐阜】 ウォーミングアップコラム:チーム状況好転のカギを握る“水を運ぶ選手”安藤淳

2018年3月24日(土)

キャンペーンバナー


愛媛は前節の敵地・新潟戦で今季初勝利。開幕からの連敗をようやく『4』でストップさせた。

今季のスタートダッシュには失敗したが、苦しい中でも少しずつ明るい兆しは見えていた。そのキーパーソンとも言える一人にMF安藤淳(写真)の存在が挙げられる。

安藤は今季チームが始動してまもなくケガで離脱。長らく別メニュー調整が続く中でシーズンは開幕した。チームは連敗スタートで迎えた第3節・横浜FC戦でも前半で2点のビハインドを背負う苦しい展開。しかし、この試合に向けて本格的に練習復帰したばかりの安藤が流れを一変させた。安藤は後半立ち上がりからピッチに立つと、中盤で攻守のバランスを取りながらチームにリズムをもたらし、ほぼワンサイドで攻め立てられていた前半とは打って変わって愛媛に流れを呼び戻させた。

続く熊本戦ではスタメンに名を連ね、攻守両面で献身性。チームは優位に試合を進めるも敗れてしまったが、「決して悲観する内容ではなかった」と前を向き、そこで得た手応えを翌節の新潟戦での今季初勝利という結果につなげた。

このチームでの安藤の役割は決して派手なものではない。中盤での主導権争いで精力的に汗をかき、広い視野と正確なキックで攻撃陣にボールを供給。言うなれば“水を運ぶ選手”だ。

「試合ごとに後ろ、ボランチ、前線の選手と確認し合って積み上げれているところはある。あとはミスを恐れずそれをピッチで出していくことが大事。それが結果になればチームとしての自信にもなる」

プレー面だけではなく、積極的に声を出し、ベテランらしくチームをまとめる力でも存在感。開幕当初、やや一体感を欠く場面もあったチームは徐々にまとまりを見せ、愛媛らしい組織的なプレーとハードワークも戻ってきた。

そのチームワークをより強固なものにするためには今節での勝点3は必須となる。安藤はそれを成し遂げるべく、チームのために懸命に“水を運ぶ”だろう。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第6節
3月25日(日)16:00KO ニンスタ
愛媛FC vs FC岐阜
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.3)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集